今この症状が増えつつある

医者

症状の改善のために必要なお金の事も知ろう

日頃の働きが認められ昇進を打診された、たまたま買った宝くじで高額当選をした等、人生の中で色々な幸せを感じられる場面はいくつも訪れます。しかし、中にはこのような自分にとって嬉しい出来事が起きても、この後何か悪い事があるのではないか等と素直に喜べないという人もいるようです。今まではそのような事は、疲れなどからくる一時的な気持ちとされてきましたが、近年それは幸せを感じない病気であるとの提言がされるようになりました。この幸せを感じない病気は、通称幸福恐怖症と呼ばれ、不安障害の一形態とされるようになりつつあります。この症状が研究者等の間で定着されていった一つの要因に、アメリカの精神科の医師の学会への寄稿があります。その論文によると、そうした症状で悩む人の過去の経験に共通するのが、幸せを感じる事があり、その後その幸せを打ち砕くような行為をされたという経験です。昇進が決定した次の日から、同僚等から逆恨みされて嫌がらせをされた、SNS等に良い報告をしたら心無い人に中傷された等といったのがその例です。特に近年SNSでの誹謗中傷は、著名人のみならず一般の人等にも容赦なく浴びせられ、社会問題になりつつあります。

幸福恐怖症に代表される幸せを感じない病気だと感じたら、まず精神科に相談に行く事になります。ただ、いつこの症状が改善されるのか分からない状況において、通院等にどの程度のお金を用意しておけば良いか分からず、そこからも不安を感じてしまうという人もいるかもしれません。通院する病院によっても変化してきますが、一般的に初診料が5000円程度、2回目以降の通院で1回2000円程度になるようです。これに加え、処方箋等が出た時にはその都度1000円程度が上乗せされます。幸せを感じない病気は、比較的病気と認識されるようになって日が浅く、そうした症状に理解がある精神科に通わなければ、必要以上に長引いてしまったりするので、病院選びは非常に大切になります。どういった所が良いかは、初診の際のカウンセリングの際に良く確認しましょう。幸せを感じない病気についての治療方針ははっきりしているか、こうした症状を改善に三尾句ために自分で出来る心構え等を教えてくれるか等、初回のカウンセリングでおおよその事が分かるといっても過言ではありません。それを補完する形で、その病院に通ったことがある人の口コミ等を確認してみると良いでしょう。

男性たち

心が動かない

幸せを感じない病気は、突然発症することもありますし、いつの間にかなっていることもありますので、家族も気にかける必要があります。病気には精神的に安心して生活できる環境が必要ですし、心療内科などへの通院や処方箋の服用は、早期の治癒に役立ちます。
ハートと聴診器

統合失調症

つまり幸せを感じない病気には、鬱だけではなく統合失調症もあるのです。陰性症状では引きこもり、幸せをあまり感じられないのではないでしょうか。しかしほっとできるお薬もあります。しかし癖になるので、お薬に頼りがちな人にはあまりお勧めはできません。
悩む男性

幸福を求めて治療を受ける

幸せを感じない病気は精神科のクリニックで治療を受けることができるので診療時間などを調べて予約を取って行きましょう。定期的に通うことを念頭に置くだけでなく、カウンセリングスキルが高い医師がいることを重視して選ぶのが賢明です。
院内

ストレスが原因に

ストレスがたまったことから起こる病気に病気には、うつ病や統合失調症があります。これらは幸せを感じない病気でもあり、早めの改善が必要です。心療内科や精神科と言った病院で診断を受けることが、最良の方法になるはずです。
女性

心がしずんだ場合の対処方

幸せを感じない病気というのは誰もがなる可能性があります。もしそう感じた場合は自分と他人を比較することをやめ、なるべく楽しいことを思うように心がけて下さい。そうすれば幸せを感じる心を取り戻すことがきっとできます。